FC東京戦 観戦日記③

後半が始まった。後半開始2分あっけなくルーカスに同点弾を決められた。その後もピンチの連続だったが、なんとか曽ケ端が踏ん張って追加点を許さない。

Img_0088

しかし遂に逆転弾を決められてしまった。悪い流れを断ち切るため中後の代わり興梠、田代に代わり増田を投入。そして新井場に代わり佐々木を投入。徐々にまた鹿島ペースになってきたが、同点弾が決められない。

Img_0092

刻々と時間が過ぎていき遂に5分を切った。俺は柏戦の教訓があるため最後まで諦めず応援した。そのとき奇跡は起こった!岩政がペナルティーエリアで引っ張られPKを獲得!よっしゃー!これでとりあえず同点だ!!大旗を振り回す用意をして息を呑んで見守った。キッカーはマルキではなく野沢だった。そして蹴った。

えっ!?

ボールはポストにあたりゴールラインを割った。

Img_0096

しかし俺は諦めずに応援したが、無念のホイッスル。その瞬間崩れ落ちしばらく動けなかった。

Img_0102

悔しいやら、悲しいやら。この悔しさをバネにして中断期間中に修正して欲しいな。

Img_0175

その後、しょんぼり帰ろうとしたところカシマサッカーミュージアムがまだやっていたので入ってきました。その写真はアルバムの方に載せます。

下ばかり向いていられない!次こそは勝つぞー!!

Img_0104

カテゴリー: 2007【鹿島アントラーズ】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。