試合をぶち壊した主審佐藤隆治【Jリーグ20thアニバーサリーマッチ】

主審が佐藤隆治で試合前から少し不安があった。 その嫌な感じが的中してしまった試合になった。 1-1までは見ごたえのある試合だったと思う。 そして、浦和に2点目を決められた問題のシーン。 $気分屋ジョン 人生の旅日記 画像を見る限り、どう見てもオフサイド。 それにも関わらず佐藤隆治は得点にする。副審もどこ見てんだよ!! それに抗議する小笠原とダヴィにイエローカード。 あまりにひどすぎるジャッジに見る気も失せた。 Jリーグ20thアニバーサリーマッチとなったこの試合。審判のレベルの低さを世界にアピールしただけの試合だった。 こういう大事な試合は、主審を慎重に選んでいただきたい。 まったくもって後味の悪い試合だ。 ビデオ判定の導入を切実に願う。 あと、個人的に試合の事を言えば、前半の岩政のあのシーンは決めなくてはいけない。 やはり、決めるところで決めておかないと、こういう苦しい試合になってしまう。 後半のジュニーニョのシーンにも一言。ゴール前でダヴィにパスしたが、あれは自分でシュート打った方がゴールの確立は高かったのではないだろうか。 司令塔ができる外国人選手がいないと、この先上位に食い込むのは難しいだろう。 ビスマルクみたいな選手が欲しいな。

カテゴリー: 2013【鹿島アントラーズ】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。