鹿島VS川崎F戦 その②

その後渋滞に30分くらいはまったが、何とか渋滞を抜けその後は順調。東関東自動車道に入ると渋滞は微塵のかけらも感じられなかった。

Img_0672_2

そして、なんとか18時過ぎにカシスタに到着!途中で寄ったローソンで買ったチケットを握り締めスタジアムに向けて走った!

スタジアムからは、選手紹介の発表が始まった。1階席にするか2階席にするか、ちょっとだけ迷ったが、今日は1階席だろ!!と思い、サポーター席の門をくぐった。

Img_0724

1階席で応援することに。席がなかったので、一番後ろの立ち見席で応援することにした。ちょうどついたころは、

Img_0682

もとやま オイ!だった。そして試合は始まった。気持ちの入った声と自分の持っている最大限の声を組み合わせ応援した。

Photo

しかし試合始まって5分足らずで喉がぶっ壊れた。試合序盤は川崎ペースだった。中でも、前半21分のあの場面。

中村→鄭とつながれマギヌンに強烈なシュートを放たれた。GKのいないゴールへのシュートを、岩政がスライディングでブロック。そのリバウンドがジュニーニョの前に転がって絶体絶命の場面となったが、シュートがゴール左へ外れて事なきを得た。

ホント息を呑んだ。アレが決まっていたらどうなっていたかわからなかったと思う。その後今度は鹿島がゴール前21メートルの位置でFKのチャンスを得る。そのときのコールがロール3って名前の応援歌だと思うが、ゴール裏の気持ちが一つになっていたので、もしかして?ってちょっと思ったら、あの野沢の芸術的なフリーキック。左上の隅に。しかもゴールポストにあててというおまけ付き。ありゃ絶対とれないコースだ。

ってことでゴール裏爆発!!(ごめん興奮しすぎて写真撮り忘れた。これから先のゴールも)

その7分後、今度は小笠原の芸術ミドルシュート。ホント吸い込まれるようにゴールネットを揺らした。やったー!!2-0だぁー!!

しかし前半終了直前、川崎のマギヌンのクロスに反応した鄭とファボンが交錯。この場面で鄭に乗られ、右足首を脱臼骨折したファボンは交代を余儀なくされてしまった。今期絶望らしい。頑張って直してくれ!!

Img_0689

なんとか前半を2-0で折り返した。

Img_0691

そして後半が始まった。前半負傷したファボンに代わってベテラン大岩が登場。しかし川崎の攻撃をしのいでいたが、58分のあのシーン。絶対鹿島のスローインなのにあのクソ主審ときたら、川崎ボールと指示する。サポも選手も唖然。

ゴール裏は大ブーイング!!

しかしその間を利用して川崎に1点を返される。マジ納得いかねー!!その後は、川崎の怒涛の攻撃。やばいなぁ~と思いながら応援していた。

ところが84分、マルキーニョスが本山との見事なワンツーでキーパーと1対1の場面を確実に決め、川崎の息の根を止める3点目が入った。ほんと嬉しかったわ。

それで川崎の集中力が切れたのか。その1分後、カウンターから新井場→マルキーニョス→興梠とつないで完全にダメ押しとなる4点目が入った。

もうゴール裏はお祭り騒ぎだった!!大爆発!!!オレも知らない人と抱き合ったりして喜びを分かち合った。


2007090101000763


結局4-1の圧勝でした。

Img_0711

まぁオレとしては、あと1点入れて前節の負けをチャラにして欲しかったが、満足です。

いや~久しぶりのカシスタでの圧勝!しかも開幕戦で負けた川崎F。スッゲー嬉しかった!ほんと今日行ってよかったと思った。逆転優勝して欲しいよな。

オレの理想は、第32節終わったとき浦和との勝ち点差が2っていう状況がいい。あっそのときには、もうG大阪は抜いています。っで第33節浦和との直接対決で鹿島が圧勝し、浦和を抜いて1位になり、最終節34節のホーム清水戦できちんと勝ち、逆転優勝する。ってのが理想だな。

可能性がある限り俺たちは最後まで諦めないぞ!!!

Img_0722

カテゴリー: 2007【鹿島アントラーズ】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。