【リーグ戦 第36節】大分トリニータ戦

ホームで引き分けは負け同然。

相手も残留争いで負けられなく難しい試合だったけど勝てない様じゃ今の実力はこんなものということ。

エヴェラウドは今の相馬監督の戦術に合っていない。得点の匂いが一切しない。やる気は伝わってくるけどね。もったいないね。実力があるだけに。監督に恵まれなかった。

DF陣は安定していた。GKスンテにしたことが大きいような気がする。どっしり感がある。そして、関川もどんどん良くなってきている。関川からのロングフィードも良い。

一番の問題はMFだと思う。ここから生まれるアイディアからの良いパスやクロスが入らないとFWはどうしようもない。和泉は鹿島のサッカーに合っていないんじゃないかな。存在感が無い。ボランチは何度も言っているけど、永木も使ってくれ。三竿も悪くないけど永木を見たいんだ。昨日の試合で1番気持ちが入っていたのがピトュカ。彼のチームになりつつある。アラーノは外国籍枠で出ているのならばもっとできないと困る。ジーコ、レオナルド、ビスマルク位のプレーと存在感を発揮してくれないと。

さて4位以下が確定した。しかも無冠。

たらればだけど、この結果ならザーゴで良かったんじゃないかと思ってしまった。

あと2試合残っているけど、もう若手主体でいいんじゃないかと思う。

来年は、良い監督を連れてきてくれることを切実に思う。監督は重要だと改めて思った。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

カテゴリー: 2021【鹿島アントラーズ】 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。